目的に合った貸事務所の借り方【物件探しのポイント】

貸事務所や賃貸事務所の使われ方

事務所には様々な物があります。身近なもので言えば法律相談所や探偵事務所などがあります。そうした職業の方たちが貸事務所を借りたりします。お客様を迎えるわけですからある程度内装にこだわり来客を迎える準備が必要です。

事務所を契約する時重視する事ランキング

女性
no.1

業務に十分なスペースが有るかどうか

賃貸オフィスにせよ、貸事務所にせよ十分な広さが必要です。広さに余裕があればゆとりを持って仕事が出来ます。仕事の効率化のためにも作業空間の確保は重要として1位にランクインしました。

no.2

必要な費用の値段

場所や立地条件によりますが、賃貸オフィスやレンタルオフィスの賃料には差があります。入居や移転による初期費用も加味するとなるべく費用は抑えたいと考えるので、この順位です。

no.3

十分な主客が見込める場所か

レンタルオフィスでオフィスワーク中心なら問題ないですが、実際に来客を迎える場合はそれに合った立地条件であるかなどを見る必要があります。貸事務所もそうした場所にかまえていることが多いのが特徴です。

値段や立地条件を吟味して貸事務所を探そう

社内

レンタルオフィスと貸事務所の違い

貸事務所は自分で内装をセッティングでき、理想の仕事空間を作ることが出来ます。その分初期費用がかかることがあります。逆にレンタルオフィスは初期費用が抑えられ、内装や仕事に必要な環境がすでにあるなどが利点です。貸事務所に比べスペースに制限がある等のデメリットもあります。

男女

賃貸オフィスの特徴

賃貸事務所の場合、他の会社と共有のスペースを設ける場合もありますが、賃貸オフィスは賃貸契約で個別のオフィスを持つことが可能です。自社で自由に使用できるのがメリットですがその分初期費用が高かったり、移転や入居に時間がかかることもあります。

コスト削減の情報確認!

[PR]
貸事務所を東京で探してみよう
様々な条件の事務所が見つかる

貸事務所契約時にかかる費用

事務所を開く時、レンタルオフィスや賃貸オフィスなどと契約する必要があります。その際、敷金や保証金、仲介手数料などが発生します。事務所を移転する場合でも引越し費用や原状回復費などがかかります。

目的に合った事務所の借り方

貸事務所や賃貸オフィス、レンタルオフィスなど事務所の借り方は多様です。一概にどれが一番かとは言えません。なぜなら広さ、借りる期間の長さ、アクセスの容易さなどで値段が変動するからです。内装を自由にできるのが貸事務所や賃貸オフィス。予め内装は決まっていますが、必要機材が揃っているレンタルオフィスといった違いがあります。

事務所契約の流れ

オフィス

目的に沿った物件を選ぶ

まずは、物件探しを行ないます。不動産屋に問い合わせたり、インターネットを用いて立地条件や賃料を調べ、希望する物件を探します。業務内容に見合った物件を選ぶことをオススメします。

実際に内見して確認する

物件を探したら、実際に不動産に問い合わせ、内見することが可能です。業務するのに十分なスペースがあるか、従業員が快適に仕事を進められるかどうかなどを見ましょう。もし時間に余裕が無いならコンサルティング会社に一任するのも手です。

気に入ったのなら申し込み

事務所を開くのに適した物件だと考えたなら、申し込みをしましょう。この時入居申込書が必要となります。注意点としてこれははあくまで入居の意思を確認するための書類です。

入居審査を受けて通れば契約

借りる貸事務所の家主が、入居希望者を入居させるかどうか判断する入居審査というのがあります。入居希望者が滞りなく賃料を払えるか、ルールを守る人なのか等を判断します。これを通れば契約完了です。

契約完了し入居可

契約が完了したら入居が可能です。業務に必要な物を買い揃える必要がありますが、レンタルオフィスの場合予め机やインターネット環境が揃っているので事務所を開いて即日業務を始めるということも可能です。

[PR]
貸事務所を名古屋エリアで探そう
ネットで条件を絞って簡単検索!

広告募集中