土木の施工管理の賜物【生活インフラから橋まで】

土木工事と施工管理のコンビが私達の生活を支える

生活に密接に結びつく土木

私達の普段の生活に欠かせないものに水や電気、ガス等が挙げられます。これらは生活インフラと呼ばれそれぞれ発電所やダム、ガス会社から各家庭に送られ生活に用いられています。そのインフラを作る、欠かせない存在が土木工事なのです。

交通インフラを整備することのメリット

整備されている場合

当然ながらインフラ整備には時間を要します。ですが交通アクセスがよくなり、人の移動が増えその場所の発展が望めます。

整備されていなかったら

移動に時間がかかるデメリットがあります。しかし、移動中の景色を眺めたり、道中で美味しいものに出会えるなど移動の楽しさももちろんあります。

土木の施工管理の賜物【生活インフラから橋まで】

男の人と女の人

生活に欠かせない下水

土木は身近な工事なので、行ってくれる業者のことも知っておいたほうがいいです。そうすれば、建設工事を進める際にも役立ちます。生活に欠かせない公共インフラである下水を例に取ってみます。日本は明治には近代的な下水が整備され始め、今日に至ります。もし下水が整備されていなかったら町中にし尿があふれ感染症の問題がおきてしまいます。その為、土木の仕事は私達の社会に欠かせない職業です。

建設現場

施工管理と土木職の関係

施工管理と土木の大きな違いは、作業現場で実際に作業するかしないかの違いです。施工管理技士が作業を安全に遅れることなく計画し、土木職の人が計画に沿って作業することで完成します。その為、施工管理技士には現場での指揮能力や計画性が求められます。ですので、信頼できる会社を選ぶべきです。

震災からの復興にも欠かせないインフラ

家を建てる事も土木工事の仕事ですが、国からの依頼でインフラ整備をすることも土木工事の仕事です。近年では復興庁による被災地での公共インフラの整備などがあります。再び人が住む土地にするためにも不可欠な仕事が土木なのです。公共事業の担当者をはじめ、都市計画をする企業の人々がこういった土木の施工管理業者に頼めば、良いインフラを整えることができるでしょう。

広告募集中